TOP > 猫の里親募集

猫の里親募集

シャッフル!
里親募集中の猫をすべて見る
ふれあい面会ルーム、今年も大好評オープン中です

猫と面会するには

千葉県柏市の当団体施設でほぼ毎日面会できます。また、東京・神奈川・埼玉を中心に出張里親会を開催しています。

面会は事前申込制です。譲渡条件等をよくご確認の上、面会当日の9:00までお申し込みフォームをお送りください。なお面会多数により早期にお申込を締め切る場合がありますので予めご了承ください。

※少ない人数で対応しているため、ウェブサイトからのお申し込みをお願いしております。どうしても入力等が難しい場合は電話でお問合せください。

面会・譲渡会スケジュール

日程 施設名 開催地 備考 詳細
毎日(年中無休)アニマルシェルター千葉県柏市

横浜市街からも2時間弱です。近いとは言えませんが、15年以上一緒に暮らす子と出会うための時間としては短いかもしれません。

詳細
日曜祝祭日ライフボート中部岐阜市 ライフボート中部主催です。中部ウェブサイトから直接お申し込み下さい。 中部
水・木・金曜日 猫カフェ「ひとやすみ」名古屋市 ライフボート中部主催です。中部ウェブサイトから直接お申し込み下さい。 中部

猫の里親募集について

ライフボートでは保健所などの行政機関で殺処分されるはずだった猫を引き取り飼育し、最低1回のワクチン接種および早期不妊手術を行ってから譲渡しています。譲渡の際には、飼育・ワクチン接種・不妊手術などの費用の一部として一律30,000円をご負担いただいております。費用をいただくことで次の1頭を救うことができますのでご協力をお願いいたします。

猫たちは保健所という劣悪な環境からやってくるため、健康上のリスクがゼロではありません。ライフボートには感染症・先天性疾患・身体障害などを持った猫もやってきます。もちろん事前に問題がみつかった場合にはアニマルシェルターで一生面倒を見ますが、いずれにしても完璧な健康チェックは難しい面があります。

ペットショップやブリーダーの猫とは違い、元捨て猫・ノラ猫を飼うリスクも含めてお引取りいただきたいと考えております。

また、猫というのは15年〜20年以上生きる動物です。毎日世話をする手間もかかれば、動物病院へ行ってお金がかかることもあります。10年も経てば人間が猫の介護をする可能性も出てきます。

動物を飼う上では以上のようなリスクや手間を引き受ける覚悟が必要であることを十分にご理解ください。

こうした当団体の活動主旨から、お引き取り後は飼い主さんの責任で飼育していただいておりますが、これから長い間幸せに生活していただくために、下記のようなサポートを行っております。

相談見学を行っています

初めて猫を飼う方、既に犬や猫を飼っていて相性が不安な方、ライフボートのことを知ってから引き取りたい方向けに相談見学も行っています。

基本的には通常の面会と変わりませんが、飼育などについてより詳細にご説明いたします。相談見学をご希望の場合はお申込時にその旨お知らせ下さい。

成猫のトライアル飼育制度について

ライフボートには良い縁に恵まれないまま大きくなってしまった成猫がいます。

彼らの多くは人間が大好きで、非常に人懐っこく、家庭で暮らすことに向いています。
しかし、いざ引取るとなれば新しい環境や先住動物との相性などに不安を感じる方もいるかと思います。

そこでライフボートでは成猫に限りトライアル飼育を行っております。

お渡し後もサポートいたします

お引き取りいただいた後も、飼育・しつけ等についての相談を受け付けております。新しいご家族とより良い生活ができるよう出来る限りサポートさせていただきます。
初めて猫を飼う方に向けて、当団体の経験をもとに「猫の選び方」「飼い方」などのページを作成しました。是非ご参考になさってください。

お渡しする猫について

お渡しする猫は、

  • 生後60日以降(成猫を含む)
  • 最低1回の3種混合ワクチン接種済み
  • 早期不妊手術済み(性別問わず)
  • ノミ・ダニ・腸管寄生虫の駆虫済み
    ※駆虫薬や予防薬の投与を飼育中に複数回行いますが、環境上再感染する可能性もあり、譲渡後に検査や再度の駆虫が必要になる場合もありますのでご了承下さい。

となっております。お引き取りいただく方には、譲渡に関わる諸費用として、一頭30,000円をご負担いただいています。詳しくは「譲渡に関わる諸費用」をご覧ください。

なお、原則として譲渡する子猫にエイズ・白血病の血液検査は行っておりません。詳しくは「血液検査と感染症のリスクついて」をお読みください。 ※生後6ヶ月を超えた猫に対しては状況に応じて行う場合があります。

里親さんになっていただく方の条件

必ず守っていただく条件

  • 飼育について家族全員の同意が得られていること。
  • 猫を飼育できる住居(ペット可が明示されている物件)にお住まいであること。
  • 完全に室内で飼育していただけること。
  • アレルギーの有無の確認や、必要に応じて医師と相談をしていただいていること。
  • 終生愛情と責任を持って飼育し、ライフボートの許可なしに他人への再譲渡をしないこと。
  • 伴侶動物としてのみ飼育し、再譲渡・販売・貸出し・展示・動物実験などに利用しないこと。
  • 20歳以上で動物を終生飼育する経済力があること。※未成年者のみでの面会はお受けいたしません。
  • その他、適切な飼育と健康管理が可能なこと。

該当する方のみ守っていただく条件

  • 飼育者が60歳を超えている場合、下記の制限を設けています。
    • 60歳以下の後見人がいる場合

      お引き取りいただく猫に制限はありません。ただし、後見人は、飼育者に万が一のことがあった場合、名実ともに責任を持っていただく必要があるため、下記をお願いしています。
      • 飼育者本人とともに面会に同行していただくこと。
      • 飼育者同様の情報を確認させていただくこと。(住所、氏名、連絡先、身分証等)
      • 後見人としてご署名いただくこと。
      • 後見人は成人していて責任能力があること。
    • 60歳以下の後見人がいない場合

      お引き取りいただける猫の年齢は、【飼育者の年齢 - 60】以上となります。

    ※年齢制限を設ける理由は飼育者の年齢についてをご覧ください。

  • 小さなお子様がいらっしゃる場合、保護者の方が猫の扱いについて監督できるご家族。(小さなお子様のいるご家庭について

なお、条件を満たしていても、当団体の判断で譲渡をお断りする場合があります。その場合の判断理由をお伝えすることはありませんのであらかじめご了承ください。

面会は出来るだけご家族全員でお越し下さい

せっかく猫を引き取っていただても、ご家族のどなたかが猫アレルギーのため、やむを得ず猫を返していただくケースが少なくありません。

このような場合、ご家族はもちろん、環境の変化を繰り返す猫たちにとっても大きな負担になります。ご家族全員でお越しになり、もし体調に変化が現れた場合は慎重なご判断をしていただくようお願いします。

面会当日のお持ち物・ご注意など

  • お引取りの際には誓約書へのご記入ご捺印をいただいています。
  • 住所年齢の確認のできる身分証が必要です。 ※後見人も同様の身分証をご用意ください。
    ※情報の取り扱いがデリケートなため、マイナンバーカードは避けていただけると助かります。
  • 猫を安全に運べるようキャリーケースをご持参下さい。
    ※猫が逃げないようフタつきのものをご用意ください。
  • 面会中は猫達と自由に触れ合っていただけます。
  • ご縁を感じる猫がいない場合には、お引取りの強要は一切いたしませんのでご安心下さい。
  • 施設の構成上、履き替えやすい靴でのご来場をおすすめしております。

お申し込みへ

譲渡条件等についてご確認、ご了解いただけましたらお申し込みください。

面会・相談見学のお申込み
作成:2010年11月19日/更新:2017年9月25日